So-net無料ブログ作成
検索選択

JR脱線 立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も(産経新聞)

 「可能な限りの安全対策を取ることは市民感覚としても当然のことである」

 JR福知山線の脱線事故について、歴代3社長も起訴すべきだと議決した神戸第1検察審査会は、議決理由でこう言い切った。

 改正検察審査会法に基づき、昨年5月の裁判員制度導入と同時に大幅に権限強化された検審。東京では政治資金規正法違反事件に絡み、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長が審査対象となるなど、社会的に注目を集めることも多くなった。今回の起訴議決は「国民の常識や視点を反映する」という当初の狙いが機能し始めていることを示した。

 検審の起訴議決第1号となった明石歩道橋事故をめぐる議決では、「検察官の基本的立場は被疑者が有罪か無罪かという点にある。しかし、審査会の立場は、市民感覚の視点から、裁判で事実関係や責任の所在を明らかにすることを望む点に置く」と、刑事裁判の位置づけを変えることを“宣言”した。

 ただ、「市民感覚」の名のもとで、公開の裁判にかけてしまうことは、過剰な社会的制裁を与えることにつながりかねないという危険性も秘めている。

 とりわけ、今回の事件の時効は4月30日。議決理由にも「議決時期が時効完成後になることは絶対に回避する必要があると考えた」とある。今後、「判断は拙速ではなかったか」との見方も出そうだ。

 確かに、100人以上の乗客が犠牲になった結果の重大性や、被害者救済という観点からは、「起訴」という判断は国民感覚に近いものがある。

 しかし、法律家の視点では業務上過失致死傷罪成立へのハードルは低くない。神戸地検幹部は昨年12月、検察審査会に「事実を誤解している可能性がある」と言及している。

 「市民感覚」と「法律家の感覚」を、どう折り合いをつけていくか。今回の起訴判断は、捜査も含めた刑事手続きを根本から変えてしまう可能性もあり、公判過程と裁判所の判決が注目される。(酒井潤)

コウノトリのヒナ、今年初めて孵化 兵庫・豊岡(産経新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
河村市長「わしも協力」議会解散署名呼び掛け(読売新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
<プライバシー侵害>関ケ原町長に賠償命令 岐阜地裁支部(毎日新聞)

<車両火災>3人が焼死、ダム近くの路上 富山・南砺(毎日新聞)

 30日午前10時20分ごろ、富山県南砺市田尻の城端(じょうはな)ダム近くの市道上で、通行人が焼けた車を見つけ、110番通報した。県警南砺署員が駆けつけたところ、車内から3人の焼死体が見つかった。車は既に全焼して鎮火した状態だった。3人の性別や年齢は不明で、同署が身元や死因などを調べている。

 現場は、東海北陸自動車道福光インターチェンジの南約6キロで、ダムから約600メートルさかのぼったダム湖沿いの山中。

【関連ニュース
火災:神戸のホテル7階でぼや…宿泊客が避難
羽田新駅火災:照明器具がショートし出火か
火災:建設中の新駅焼く 羽田空港
グループホーム:スプリンクラー設置は約5割 7都県7市
火災:アパートの部屋焼け母子が死亡 金沢

<郵政改革>連立の火種あらわ(毎日新聞)
<福島党首>国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」(毎日新聞)
新年度予算案、参院委で可決…今夕成立へ(読売新聞)
郵貯限度額上げ「議論が必要」=首相(時事通信)
普天間移設、2案で調整…関係閣僚会議(読売新聞)

小林千代美議員、離党も辞職もせず…会見で表明(読売新聞)

 北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件で元陣営幹部が起訴されたことについて、民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)は22日夜、札幌市内で記者会見し、「責任を感じるが、国会、地域での活動に努め、職責を全うしたい」と述べ、当面は議員辞職も離党もしない考えを示した。

「自分で判断を」小林氏進退で小沢幹事長(読売新聞)
生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)
新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)
<トヨタ>プリウス「不具合なし」千葉・松戸の事故で県警(毎日新聞)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)

ラッコの赤ちゃん死亡 一般公開を見合わせ サンシャイン国際水族館(産経新聞)

 東京・東池袋のサンシャイン国際水族館で今月14日に誕生したラッコの赤ちゃんが死亡した。死亡したのは21日で生後わずか1週間での出来事だった。

 同館によると、ラッコの赤ちゃんは14日午後10時すぎ、同館の雄ラッコ「ルーチ」と雌ラッコ「ミール」の間に誕生。当初はミールの母乳を飲むなど順調に育っていたが、公開を検討しはじめた20日午後になって体調を崩し、21日午後3時半ごろ、スタッフの看護も実らず死亡した。

 このため、同館ではミールの健康状態を安定させるためとして、ラッコの一般公開を見合わせており、健康面の心配がなくなった段階で再び公開する予定。

【関連記事】
観客「シャチが腰のあたりをくわえて…」 女性調教師死亡で証言
抱きつきカンガルー「ハッチ」逝く 飼育員が語る秘話
命の感動ありがとう 頑張れココア 四肢障害トラ急逝1カ月
国内最高齢のゾウ「ウメ子」逝く 小田原
栄養失調でトラ11頭死ぬ 中国の動物園、餌不足で
20年後、日本はありますか?

内部文書記録のUSB、空自小松基地で紛失(読売新聞)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ−厚労省(時事通信)
子どもの心の診療提供、医療計画に「記述あり」は2割弱(医療介護CBニュース)
「尊敬するのは聖徳太子」自民・谷垣氏 邦夫氏への対抗心も…(産経新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)

<普天間移設>鳩山首相、米に理解求めていく考えを強調(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題での今後の米国との交渉について「(米国は)現行案がベストだと思っておられるだろうが、それだけにはとらわれない幅広い考え方を米国も持ち合わせていただけると思っている」と述べた。政府がまとめる新しい移設先案への理解を求めていく考えを強調した。東京都内で記者団に語った。

 連立を組む社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は同日、横浜市内で記者団に「『沖縄県民の負担軽減』という与党3党合意を実現すべく、すべての大臣が頑張ることを期待している。今の内閣は力を振り絞り、県内(移設)でない道を探るべきだ」と語った。【山田夢留、西田進一郎】

【関連ニュース
普天間移設:23日に協議 政府案まとめ目指す
普天間移設:鳩山首相「難しいけれど頑張っている」
普天間移設:北沢防衛相、沖縄知事と意見交換へ
普天間移設:鳩山首相「県内」強く示唆
普天間:北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明

<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
首相動静(3月20日)(時事通信)
岡田外相、密約関連文書破棄で調査を表明(産経新聞)
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕−福岡(時事通信)
いじめ撮影? 動画を投稿=中学生徒がネットに−島根(時事通信)

<敦賀原発1号機>運転開始40年に 国内初 想定期間超す(毎日新聞)

 日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県敦賀市、出力35.7万キロワット)が14日、国内の商業用原発として初めて運転開始から40年を迎える。原発の「寿命」は当初、30〜40年とされてきただけに、想定期間以上の運転を危ぶむ声は少なくない。今後5年で運転40年に達する原発は敦賀1号を含めて計9基。原発は長期運転時代に突入した。【曽根田和久、酒造唯】

 敦賀1号は当初、今年で運転を終える予定だった。しかし、増設される3、4号機(いずれも出力153.8万キロワット)の工事が遅れていることから、3号が稼働する予定の16年までの延長を決めた。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、現在運転する最古の原発は今年で43年目を迎える英・オールドベリー原発。他にも40年以上運転した原発はあるが、国内では未体験の領域だ。

 原発の原子炉容器は、核分裂で発生する中性子に長期間さらされることで材質の強度が下がる「中性子照射脆(ぜい)化」という現象が起こる。また、配管内を流れる高温高圧の水や蒸気によって肉厚が薄くなる「配管減肉」などにもさらされる。国や電力各社はこれらの「老朽化」を「高経年化」と呼ぶ。

 原子力安全・保安院は最長60年の運転を想定し、10年ごとに各原発の高経年化対策を確認して、安全性を評価していく方針。保安院高経年化対策室は「30〜40年というのは『少なくともこの期間は大丈夫』という意味。寿命ではない」といい「米国ではすでに60年運転へ向かっている。60年は工学的に無理のない範囲」と説明する。

 原発の劣化問題などを研究する井野博満・東京大名誉教授(金属材料学)は「原発事業者は都合よくデータを解釈している。国も、原発の寿命延長ありきの審査体制だ。古い原発はすぐにでも停止すべきだ」と強く批判する。

【関連ニュース
敦賀原発:1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら
福井・敦賀原発:1号機「40年超」に
福井・敦賀原発:1号機の40年超運転、知事が了承
もんじゅ:パー券問題 再開判断影響なし 知事、県議会特委で認識示す /福井
APEC:会合前に敦賀署と原発3事業者が協定 テロ未然防止で /福井

7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
高校無償化法案が衆院可決へ 川端文科相が朝鮮学校の適用除外を示唆(産経新聞)
診療所の再診料、年27万円減少―2点引き下げで保団連(医療介護CBニュース)
岩手・久慈市長選で推薦候補敗退(産経新聞)
現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)

警察庁長官が訪韓(産経新聞)

 警察庁の安藤隆春長官が14日、韓国を訪問した。15日には、犯罪組織や犯行場所、手段などが世界規模に広がって解決が困難になる「犯罪のグローバル化」に対抗するため、捜査協力の高度化などについて協議する。現職長官の韓国訪問は平成14年4月、サッカーワールドカップの警備対策を協議した田中節夫氏以来、2回目。

首相動静(3月13日)(時事通信)
<雑記帳>「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
<掘り出しニュース>酒気帯び運転容疑者、パワーショベルで逮捕(毎日新聞)
小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)
暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)

<将棋>王将戦第5局 久保初の奪取か、羽生意地見せるか(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第5局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)は10、11の両日、和歌山県白浜町のコガノイベイホテルで行われる。3勝1敗とリーチをかけた久保が初の王将位奪取を決めるか、王将戦5連覇中の羽生が意地を見せるか。

 第5局の先手番は久保。立会は南芳一九段、解説は畠山成幸七段、記録は阪上善隆初段が務める。9日現地入りした両対局者は、ホテル内の対局室を念入りに下見。午後6時半からの前夜祭では、岸本卓也・毎日新聞大阪本社編集局長らがあいさつし、両対局者に花束が贈られた。

 対局は10日午前9時開始。午後6時に指し掛けとなり、封じ手を行って11日に指し継がれる。持ち時間は各8時間。【澤木政輝】

【関連ニュース
【棋譜中継】王将戦第5局は王将位リーチの久保棋王が先手
【対局棋譜】王将戦第4局 羽生王将が敗れカド番に
【第4局解説】反撃に転じた久保が勝利 安用寺六段と振り返る
【女子高生が快挙】将棋:17歳・里見が初の女流名人獲得
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級

万引誤認逮捕、全国で相次ぐ 「目撃」偏重、裏付け怠る(産経新聞)
偕楽園の景観に合わない…水戸・千波湖の「白鳥」消える?(産経新聞)
雑記帳 大分大5年生 人気のタマ(毎日新聞)
300万円程度の弁護士報酬、2200万請求(読売新聞)
<中村耕一容疑者>矢野きよ実さんが出演自粛 交際報道で(毎日新聞)

北教組不正資金提供で小林議員が小沢氏に状況説明 進退は言及せず(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。