So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

「朝青龍に殴られた」被害者が警視庁に相談 被害届は出さず(産経新聞)

 大相撲の横綱朝青龍(29)が初場所中に酒に酔って知人に暴行したとされる問題で、知人の飲食店関係者の男性(38)が警視庁麻布署に「殴られてけがをした」などと被害相談をしていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。被害届は出されていないが、男性は鼻骨を骨折しているという。朝青龍は日本相撲協会に対して、「被害者は個人マネージャー」と説明していた。

 捜査関係者によると、朝青龍は16日午前4時ごろ、東京都港区西麻布の路上で、飲食店から出てきて車に乗り込もうとした際、見送りにきた男性を車の中に連れ込み、顔を殴る暴行を加えたとされる。男性が近くにいた署員に被害を訴えた上、25日に同署を訪れて被害相談をした。 

 2人は知り合いで、男性が「今日はありがとうございました。今後も頑張ってください」などと言ったところ、朝青龍が怒りだしたという。朝青龍は当時、酒に酔っていた。

 同署はこの会話以前に2人の間でトラブルがあった可能性もあるとみている。

 朝青龍は25日、日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)から厳重注意を受けている。

【関連記事】
朝青龍、本当は一般人の鼻へし折っていた 車中で恫喝も
横審、暴行騒ぎの朝青龍に「今後は引退勧告」の声も
朝青龍、Vでも“地獄” 暴行報道で叱られる
理事長、朝青龍関を注意へ 初場所中に泥酔して暴行
私は横綱とは認めない!内館vs朝青龍、遺恨“残った”

小沢幹事長贈与税逃れにならないか 家族名義口座に3億6000万円入金(J-CASTニュース)
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入−大阪(時事通信)
<糖尿病>中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」(毎日新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)

文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)

 文化財防火デーの26日、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で防火訓練があった。国の重要文化財の本殿や回廊から出火したとの想定で、天満宮の自衛消防隊や筑紫野太宰府消防本部など約200人が参加した。

【関連記事】大寒:太宰府天満宮では飛梅ほころぶ

 楼門前に設置された出火点を目標に、自衛消防隊の巫女(みこ)や神職が消火栓3本から放水し、茶店の従業員らもバケツリレーなどをした。消防車やはしご車も駆けつけ、本番さながらの訓練となった。

 また、そろいの法被(はっぴ)を着た天満宮幼稚園児たち約200人のパレードも参拝客の目を引いた。【扇沢秀明】

【関連ニュース】
【関連記事】縁起物が小型化 太宰府天満宮
【関連記事】寅:新年を待つ 太宰府天満宮
【関連記事】片岡仁左衛門さん:「菅原伝授手習鑑」で菅丞相役 天満宮で上演成功祈願 /福岡
<天満宮といえば受験>受験と私・第2回「神様は努力を見ているよ」 押見昌純さん(湯島天満宮禰宜)

小沢氏聴取 民主、大混乱も 「強気と不安」交錯(産経新聞)
阪神大震災援護金“借り得”許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ(産経新聞)
普天間移設、地元拒否なら法的決着も(読売新聞)
<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
<かずさアカデミアパーク>経営が破綻 千葉県も出資(毎日新聞)

<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)

 ◇92年2月7日

 検事 君が女の子をね、見つける時。どの事件もね、みんな女の子しゃがんでるんだよね

 菅家 やはり……

 検事 ちょっと違うんじゃない? 違うのはないかい?

 菅家 ……しゃがんでたような気がするんですよね、みんな

 検事 有美ちゃんのことね、ちょっと思い出してもらいたい

 菅家 はい

 検事 有美ちゃんね、連れ出す前のことなんだけど、誰かと遊んでいたでしょ? それ以上のことは僕はもう言わない

 菅家 ……

 検事 よく思い出してもらいたい。それが誰であるか。どういう人であるか

 菅家 ……

 検事 遊んでいるところを連れ出した、という状況はないだろうか?

 菅家 もしかしたら、駐車場で、女の人がなんか、まあ、居たような気もするんですけどね

 検事 もう一回考えてもらいたいのはね。声かけたね。かけ方が、今まで君が説明した通りだったのかどうか。もうちょっと別のことがなかったのか。いきなり自転車でね、そば行って、声かけたんだって言うけど、もうちょっと別のいきさつがなかったかどうか

 菅家 別の

 検事 うん、そこを思い出してもらいたい

 菅家 (ため息)……そこのとこは分かんないです

 検事 誰かと遊んでいなかったかなと聞いている。誰かというのが大人か子供かね、あるいは男か女かね。どんなことをしていたかね

 菅家 ……遊んでいたとすれば、女の、女の子だと思うんですけど

 検事 女の子だと思う

 菅家 はい

 検事 どんな子が。君、その遊んでいた情景っていうのかねえ、記憶に残っているかな?

 菅家 ……

オバマ大統領の訪問実現へ努力=米国での面会を受け−秋葉広島市長(時事通信)
<名誉棄損>飯島氏発言報道で本社に賠償命令 東京地裁(毎日新聞)
<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)
<元看護師殺人未遂>時効前、遺留品から60歳前後の男浮上(毎日新聞)
<芦屋財産処分訴訟>経営者に賠償命令 神戸地裁支部判決(毎日新聞)

石川議員側の準抗告棄却=10日間の拘置延長で−東京地裁(時事通信)

暴力団幹部射殺事件、殺人容疑逮捕者39人に(読売新聞)

 埼玉県内で2008年に起きた住吉会系暴力団幹部射殺事件で、県警は22日、静岡市の山口組2次団体・小西一家総長、落合益幸容疑者(62)(静岡市駿河区大谷)ら3人を殺人容疑で逮捕した。

 殺人容疑の共謀共同正犯として逮捕されたのは計39人で、一事件としては異例の多さとなった。

 発表によると、落合容疑者らは共謀し、08年4月1日午前5時半頃、同県ふじみ野市の住吉会系暴力団事務所前の駐車場で、この暴力団の鈴木敦嗣幹部(当時35歳)を拳銃で射殺した疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 事件を巡っては、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)で起訴された山口組系幹部らの公判について、さいたま地検が「裁判員に危害が及ぶ恐れがある」として、裁判員裁判対象事件からの除外請求を検討している。

<センター入試>最大15.76点差 得点調整はなし(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
【風】税収アップどこまで?(産経新聞)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)
日体大生の汗染みこんだ服に興味 窃盗容疑で男追送検(産経新聞)

<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)

【再生の街 水谷門下生の震災15年】(下)神戸市中央区・旧居留地(産経新聞)

 ■面影残し次世代へ

 「大阪城ではなく、姫路城でお願いします」

 震災発生から10日後の平成7年1月27日。旧居留地(神戸市中央区)を訪れた文化庁の調査官に、建築材料メーカー「ノザワ」会長の野澤太一郎(77)は重文指定されている所有ビル「十五番館」の復旧についてこう頼んだ。野澤が「コンクリートで再建された大阪城じゃなく、徳川時代から在りし日のまま保存されている姫路城で」と言葉を継ぐと、けげんな表情の調査官はすぐに得心した。

 外国人の居住・営業が認められていた旧居留地は明治元年の神戸港開港に伴い整備され、当時の最新デザインを取り入れた建物が並ぶミナト神戸の顔。十五番館は免震工法を採用し、野澤の望み通り元の部材の約7割を使って再建された。

 野澤は旧居留地の企業約100社でつくる「旧居留地連絡協議会」の会長でもあった。地域では十五番館以外にも、ルネサンス調建築物の「第一勧銀神戸支店」や「日産ビル」などが倒壊していた。

 協議会では震災の前年、東京に本社移転する企業が増えたことなどから、都市計画家の故・水谷頴介の門下生だった都市計画コンサルタントの山本俊貞(61)の協力を得て、街並みを整備する「まちづくり計画」を策定したばかりだった。

 震災後、会員は昼間はがれきを片づけ、夜は杯を交わしながら街づくりについて語り、4月には「復興計画」に取りかかった。地区全体の防災機能を高め、次代の「神戸の顔」にふさわしい街並みを形成する−。「震災に負けたままじゃいかん。前以上に良くしないと、という思いが団結につながった。日本に5つある居留地で、かつての面影を残すのは神戸だけだ」と野澤は胸を張る。

 水谷から「あらゆる人の声を聴け」と学んだ山本は、街づくりに向けた住民の協議会を「それぞれの共通項を見つける場」と定義し、「ここの共通項は戦前の街並みへのあこがれ。もう一度作り直そうという共通の目的に向け、みんなが力を出し合えたから成功につながった」と話す。

 あれから15年。街は震災前以上のにぎわいを取り戻した。協議会には防災委員会も設置され、防災訓練が恒例行事になった。震災を通じて生まれ、はぐくまれてきた新たなつながりと団結だ。古くて新しい街がまた、次代の先頭に立つ。(木ノ下めぐみ)

 =文中敬称略

大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明(J-CASTニュース)
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕−北海道警(時事通信)
<石川議員逮捕>鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)

<殺人容疑>女性刺した男逮捕 静岡・富士(毎日新聞)

 15日午後10時5分ごろ、静岡県富士市厚原、建設業、渡辺章弘さん(32)方で、「知らない男が入ってきて嫁が切られた」と、敷地内の別棟に住む渡辺さんの父親から110番があった。駆け付けた救急隊員が、玄関で血まみれになって倒れている妻久美さん(32)を発見。久美さんは病院へ運ばれたが、胸など数カ所を刺されており、間もなく死亡が確認された。県警富士署は、通報直後に同署へ「女の人を刺した」と車で出頭した同市鈴川町、無職、稲毛勝則容疑者(46)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕した。

 同署によると、稲毛容疑者の車のトランクから包丁が見つかっており「渡辺さんの元従業員で、渡辺さんに恨みがあった」と供述しているという。

 同署によると、渡辺さん方は久美さんと子供2人の4人暮らし。事件当時、渡辺さんは外出していたという。現場は東名高速道富士インターチェンジの西約2キロの住宅地。【大西量】

旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<連れ去り>車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋(毎日新聞)
橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練(産経新聞)
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も−厚労省(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。