So-net無料ブログ作成
検索選択

ごみ焼却施設から高濃度のガス検出(産経新聞)

 兵庫県姫路市は9日夜、3月に爆発事故がおこった同市内のごみ焼却・再資源化施設「エコパークあぼし」の敷地内で、高濃度の可燃性ガスを検知したと発表した。市は爆発の危険性があることから、3つの焼却炉のうち稼働中の2つの焼却炉を停止した。

 爆発事故は3月25日、施設敷地内で建設中の健康増進センターの温水プールで発生、作業員9人が重軽傷を負った。市は3月31日からガス測定を実施。建物内7カ所で微量の可燃性ガスを検出したが、濃度はいずれも労働安全衛生法の基準値を下回っていた。

 ところが市消防局が屋外の調査を行ったところ4月9日になって、爆発現場近くなど計3カ所から爆発の恐れがある高濃度のガスを検知した。3カ所のうち2カ所は検知器の針が振り切れたという。

 市によると一帯は埋め立て地で、ガスが地下から自然発生している可能性があるという。

 焼却施設は市の調査結果をうけて1日に本格稼働し、市民が施設見学などに訪れていた。

【関連記事】
歯科医院でガス爆発、4人搬送 大阪・茨木市
トヨタの工場で小爆発 従業員1人が軽いやけど
自殺中止でガス爆発 思いとどまり…うっかりタバコに火
町営住宅でガス爆発か、男性2人けが 福岡
漁船でガス爆発、2人けが 福岡
「中国内陸部の資源事情とは…?」

飛行船 東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)
山崎、野口さんが共同作業=コンテナから物資出す−同僚飛行士は船外活動(時事通信)
<ネット名誉棄損訴訟>接続業者にも開示義務 最高裁初判断(毎日新聞)
低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
都の厚生年金基金の元役員に収賄容疑、逮捕へ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。