So-net無料ブログ作成
検索選択

新型ワクチンで死亡の可能性=副作用で初、新潟の80代女性−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は29日、新型インフルエンザの国産ワクチンを接種した新潟県の80代女性が、ワクチンの副作用で死亡した可能性があるとの報告を受けたと発表した。同省は複数の専門家に検証を依頼する。
 同省によると、女性は高血圧心臓病の持病があった。ワクチンを打った主治医は女性の死亡について、持病が悪化した可能性と、接種に伴うショック症状「アナフィラキシーショック」の両方が原因として考えられるとした上で、「ワクチンとの因果関係がある」と報告したという。
 新型インフルのワクチン接種後の死亡報告は117件あるが、死亡との因果関係があるとされたケースは初めて。 

【関連ニュース
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
南海電鉄、4〜12月期は減収減益=景気低迷や新型インフルで
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策

<天気>関東甲信で夜から大雪(毎日新聞)
毎日新聞世論調査 小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)
航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
広島20件放火1人死亡、47歳男に懲役25年(産経新聞)
片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り(産経新聞)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。